個人と企業 団体と企業を繋ぐ新しいSNS見つけました!

ビジネス

もうそろそろ来年度の新歓期間が始まるけど、団体をどんな形でPRしていいか分からない方はいらっしゃいませんか?

そんな方に向けて、Pandoというアプリを紹介したいと思います!

Pandoとは

このサービスは、簡単に説明すると個人と団体と企業を繋ぐサービスです。

簡単に機能を説明していきます。

  • 団体の内部組織管理
  • 団体の勧誘
  • 団体の記事公開
  • 団体の協賛活動
  • 団体のイベント管理

簡単にまとめるとこんな感じです!

まだまだ他にも機能がたくさんあるので色々と試してみるのもありだと思います!

ちなみに、Pandoを制作した株式会社クインテットについてPando上で公開されています!

気になった方は、こちらからどうぞ!

それでは、一つひとつ掘り下げていきます!

団体の内部組織管理

まず、機能は団体の内部組織の管理と発信をすることができます。

特に、完全に組織として動いている団体であれば、組織の内部を発信することで組織の実際を知ってもらうことができます。

それぞれ部署として登録することができ、代表者も決めることができます。

組織の内部を発信することで、就活の際に役立つのではないかと考えています。

また、組織を知った企業から協賛の申し込みを受けることもあるかもしれません!

団体の勧誘

組織の概要として、男女比・年齢層・出身地などの細かい情報がデータとして見ることができます

もちろんそれぞれのではなく、団体としての情報なので個人情報は守られています

これから新入生の新歓活動が始まります。

このサービスを使えば、簡単に内部情報を伝えることができるので、より勧誘活動が楽になります!

また、自分の団体と他の団体の差別化を図ることができます。

団体の記事公開

団体の記事としてブログのようなものを発信することもできます。

実際の活動風景や試合の結果などを公開している団体も存在します。

団体の内部を発信するという面では、すごい効果的だと思います。

団体の協賛活動

団体の情報を発信することで協賛に繋げることができます。

前述した、機能があることで企業は団体について知ることができます。

興味がある団体に協賛申請をすることができます。

ちなみに、その機能もこのサービス内で完結しています!

団体のイベント管理

このサービスは外部だけでなく、内部での情報共有にも役立ちます。

例えば、イベントの企画や招待がこのサービス内で完結しています。

幹事などが一人ひとりに連絡を取って、参加可否を問わなくても、ボタン一つで一斉送信できます。

また、招待される側は簡単に可否を送信できます。

個人的にすごいこの機能は便利だなと思ってます。

最後に

こんな感じで、すごい便利サービスだと思うので、

気になった方は、是非登録してみて下さい!

登録はこちらからどうぞ。

Pandoは公式Twitterで最新の情報が発信されています!

タイトルとURLをコピーしました